伊勢崎市のカフヱープレールより「プレール文化モダン舎」を発足。
その内容、お知らせをこちらより発信致します。  
 
<< 箏の調べと名香から恋を聞く | main |
江戸遊びの夜ー粋な男と女になりやしょう
0

    平成の時代も残り僅か。新たな時がやって来ます。

    カフェ―プレール別館.文化邸にてプレール文化モダン會の第二回タイムトラベルが

    開催されました。

    今回は「江戸遊びの夜ー粋な男と女になりやしょう」がお題です。

    お座敷遊びの夜のイメージ。

    別館.文化邸はカフェープレールの空間と同様に戦前をコンセプトにしておりますが

    こちらは更に一格上げた大人の場所。

    まさに粋な男と女の遊びが繰り広げられました。

     

    日本舞踊松景流の松景久若さんに舞って頂き、地方は鈴木 創さんが務めて下さいました。

    そして投扇興は相川考古館より相川裕保さんです。

     

     

    舞いからはじまり。艶物の「黒髪」です。黒留袖の姿の久若さんの舞う仕草から日本女性の美しさが

    漂っていました。文化邸に三味線と唄が響き空気が変わります。

    二曲を舞い、衣装も桃色へ。

     

    しっとりとした時間から次なるものは投扇興でございます。

    お客様の殆どの方が未体験なので相川さんのレクチャーからスタート。

     扇の持ち方も普段の生活からはない手の使い方に戸惑います。

    私は昨年に体験しましたが持ち方さえ忘れままならず。

    そして今回は2チームに分かれて対戦です。優勝者には相川さんからプレゼント。当店からはドリンクを。

     

    皆さん、真剣に対戦となりました。

    お客様全員が真剣。真剣過ぎて大笑い。昔々の先人が夢中になったのもわかりますね。

     

     最後は「かっぽれ」と「奴さん」。粋な二曲でございます。

    みんな踊らにゃ損損と男性陣が踊ります。

     

    お着物や袴姿の女性陣も負けられません。

     

    長丁場の粋な夜。楽しい一夜でございました。

    カフェ―プレール、別館.文化邸。ふたつの場所のふたつに共通してものは戦前の良き日への

    タイムトリップ。文化邸使いも是非に。

     

    お運び頂きました皆様、ありがとうございました。

     

     

     

    【2019.01.28 Monday 21:50】 author : Prele
    | - | comments(0) | - |
    この記事に関するコメント
    コメントする